HOME>ホットトピックス>飲料水よりもお風呂の方が効率的に吸収できる

お風呂で使われる水素水

水

いろんな雑誌やメディアで取り上げられている話題の水素水ですが、いろんなメーカーから様々な商品が展開されています。そのなかで人気となっている一つがリタライフです。水素水というと一般的に飲料水として消費され、経口から腸内で吸収されるのを目的に販売されています。しかし、リタライフは飲料水ではなくお風呂に使うための水素水となっており、そこら他のメーカーとの大きな違いと言えるでしょう。

お風呂で使うメリット

では、水素水をお風呂に使うことのメリットは何があるのでしょう。一番に言えるのは、肌から水素を吸収できるということです。そう聞くと不思議に感じられる人もいるでしょうが、水素は最も小さな元素であるため、一般的な栄養素と違って肌からでも吸収することができます。そして、全身の細胞に直接作用しやすくなるのもメリットです。またお風呂に使うことで水素水も気化し、空中に水素が含まれている状態になり、呼吸をすることで体内に水素が取り込みやすくなるわけです。これは、水素水として飲むよりもさらに体内に吸収しやすくなります。このようにリタライフならば、他の製品よりも効率的に水素を吸収できるため、いろんな人から注目を浴びているわけです。

広告募集中